2013年12月01日

131. 新居にて

蜜蜂さん3部1.png

越冬のための蓄えを全て失ってどうなることかと思いましたが、家の主のお爺さんはミツバチさんのことが大好きらしいので、私もホッとしました。

というのも、不注意から右手を壊してしまい、まだまだ描きたいことがあるのに無念ですが、まだまだ描きたいからこそ、療養に専念するため更新を休まざるを得なくなったからです。

なんとか休む前に愛情ある守護者のもとに大切な群れを導いてこれたのは、不幸中の幸いでした。オオスズメバチの大軍に襲われている最中に放り出すようなことになっては気が休まりませんから。

療養中は、次の構想やネームを練ったり、資料を読みあさったりして普段やりたくても漫画が描きたくてつい置き去りにしていた土台作りを頑張りたいと思いますので、ご期待ください!

左手のミツバチさん.jpg

↑急遽左手を鍛えることも考えましたが…素直に右手に復活願った方が早そうです…
posted by せいちんデザイン at 07:23| ミツバチ漫画

2013年11月30日

130. 晩秋の防衛戦(20)

蜜蜂さん新居決定.png

オオスズメバチと果敢に戦うもヒトに全てを奪われ、這う這うの体で逃げ出してきたミツバチさんたちの行く先は、いつか下見したお花いっぱいの人家の巣箱。どうやらそれなりに知識もあるし、優しい人のようで、一安心!

次へ.png
posted by せいちんデザイン at 07:44| ミツバチ漫画

2013年11月29日

129. 晩秋の防衛戦(19)

蜜蜂さん襲撃後編19.png

※正規の手順
正式には、探索係があちこちに飛び出して新居候補を探してダンスで仲間に位置を教え、行ってみてよかったら同じ場所を示す踊りを踊り、そうしてついに一つのダンスが支配的となると多数決で決定され、全員で新居に向かう。ただ、事前に下見が行われており、蜂球を作らずいきなり引っ越し先へ行くケースもある。今回は急な逃去のため栄養補給のために蜂球を作ったものの下見はされていたという、両者の中間でしょうか。

次へ.png
posted by せいちんデザイン at 07:09| ミツバチ漫画