2013年10月04日

73. A river runs through it

ミツバチさん結論11.png

ビンゴ!

花粉を汚染した毒は川によって運ばれたとの判断から川の流域を大きく外勤係の探索域から外すよう指示した雄蜂殿下。乾燥する季節に川のまわりを封鎖されるのは辛いものがありますが、知らずに毒を運び込んでは元も子もありません。

タイトルを借りた小説は読んでいないし映画も見ていません。タイトルだけで内容を想像して感動してしまう美しいタイトルだと思いました。釣魚大全を愛する私としてはツボだろうと思うのですが、一方で、これは本なら読後に、映画なら最後カメラが引いていって川を見下ろした時に感じてもらうべきことであって、最初にこれがあるのはどうなのかなとも思います。タイトルで気が済んだというか。

原作(小説)の邦題を決める時、苦しんだのかな〜と思うのですが、『マクリーンの川』は何も物語っていないのである意味敢えての冴えない題なのかもしれません。

タイトルはある程度読者や観衆をキャッチしなきゃいけない反面、饒舌に語り過ぎてもいけないし、難しいですね。

え?『ミツバチさん』ですか! これはその〜、プライベートに描いていたのを勢いで公表することにしたので仮題をつけたのがそのままなんですね〜。とりあえず「語り過ぎ」の恐れだけはないでしょう!

次へ.png
posted by せいちんデザイン at 05:48| ミツバチ漫画