2013年07月27日

蜜源植物について/広報部

ミツバチさん16.png

ニホンミツバチさんは昔からこの国に住んでいるので、日本の普通の空き地を荒れ放題に放置しておくと生えて来る各種雑草雑木類があれば、幸せに暮らしていけるようです。

でも庭一面のカナムグラ! …とか…トゲトゲの蔓が縦横無尽に蔓延り、あなたを捉える。もがけばもがくほど血まみれに…名作ホラー劇場サスペリアかよ、みたいな…

あるいは一面のタンポポ! カワイイ! でもご近所さんに怒られそう…

見事な社会生活を営むミツバチさんには叶わないかもしれないけど、人間にも社会生活があるので、植える人も嬉しい、ミツバチさんも嬉しい、というお花を探すのがよさそうです。梅とかツワブキ、可憐で役立つハーブのように、探せばいろいろ選択肢はあるのですから。

私は青い花が好きなので数年前にボリジを植えたことがあります。強健で種から簡単に巨大になるし花の時期は長いし蜜も花粉もボリボリ出るらしいので、そういえばミツバチさんブンブン来てました。全てセイヨウミツバチさんだったようですが。

そのセイヨウミツバチさんも見なくなったのは2キロ圏内にいた、あるいは巣箱を置いていた西洋ミツバチ養蜂家がいなくなったということなのでしょう。今問題になっているCCDの影響かもしれないし、関係ないかもしれない、それはわかりません。

一つだけわかるのは、今の私がミツバチさんに会いたいと思ったら、自分で飼うのは当面無理そうなので、ニホンミツバチさんが訪れてくれそうな花を植えるくらいしかできないことです。とりあえずボリジ植えます!

あと、花のない季節の蜜源は重要なので早春に向けて菜花も植えるんだ〜♪ あとツワブキも。ミツバチさんのために花の好みまで変わりつつあるのを感じます。ボリジは巨大になるから一度はイヤになって撤収したんですが。そうなんです。ボリジは強健でよく増えるので、安易に植えると、近隣諸国に侵入して迷惑をかける、ということに割とすぐなるので、場所は選びましょう〜〜〜。ご近所さん、すみませんでした〜。今回は飛び火しにくい場所に植えます〜! 

他には、食い意地が張っていて果樹がいっぱいあるから悪くないはずなんだけど、今の時期は野菜の花くらいしか咲いていないので反省です。クサギが咲けば蝶はワーッと来るんですが、ミツバチさんはあまり見たことがないんですよね。

ボリジが咲いても菜の花が咲いてもミツバチさんが来てくれなかったら…寂すぃな〜。

次へ.png
posted by せいちんデザイン at 20:24| ミツバチ広報部より