2013年07月26日

6. ぬくもり

ミツバチさん8.png
ここまで描いてきて、殿下がバカ役ばかりでかわいそうになってきたので彼の性格を再確認したエピソード。

ミツバチさんは翅を震わせると出る熱をいろいろに活用していますが、暖房もそのひとつ。指に乗って来るとほんわか温かいんだそうですね。あ〜、飼いたいな!!!!

※追記
実際には温めるために飛翔筋を使う場合は翅を震わせることはないことが後になって知りました。エンジンをまわしたまま、クラッチをつながないような感じでしょうか。胸の内部で筋肉だけを震わせて、その動きを翅の動きに伝えて浪費することなく暖房のみに使うわけですね。さすがミツバチさん、無駄がないです。


次へ.png
posted by せいちんデザイン at 17:34| ミツバチ漫画

5. 蝋細工

ミツバチさん7.png
外国の映画なんかで、泣いている子供に風船で動物さんを作ってあげる、あの感じです。

正確には、この働き蜂さんは蜜集めという生涯最後のお仕事をしているのでベテランで、蝋が出る段階は卒業しているはずなんですが、き、きっとちょっと前の話なんですよね。オバチ殿下はおられるけど。ほら、必要に迫られると止まったはずの蝋がまた出ることもあるというから、きっとそれですね!

次へ.png
posted by せいちんデザイン at 17:28| ミツバチ漫画

4. アザミの槍兵

雨の日は基本、蜜集めは中止なので外勤の働き蜂さんはヒマですよね。
ミツバチさん6.png
オバチ殿下が針のないのを気にしている、というのは漫画を描く前に書き始めていた小説の中のエピソードです。小説こそ正しい知識がないと細部の調整どころかプロッドごと倒れたりしそうなので今は途中で止めて勉強中です。でも漫画の方が楽しいしキャラ立って来たのでこっちがメインになってしまいそう。

次へ.png
posted by せいちんデザイン at 17:23| ミツバチ漫画